資源ごみ分類から始めよう・エコ運動

CONTENTS
資源ごみ分類から始めよう・エコ運動

エコとしての資源ごみ分別について

私は元々実家が大坂で、大坂では一応燃えるゴミ、燃えないゴミの分別はしていました。しかし、嫁ぎ先のゴミの分別はもっと細かい物で最初は、ゴミをどこに捨てていいのか困りました。燃えるゴミ、燃えないゴミの分別は同じですが、例えばペットボトルのラベルは切り離して燃えないゴミに捨て、キャップは燃えるゴミの方に捨てる等でした。最初は分からなくて、よく主人に確認しながら捨てていました。

また、丹波市ではスーパー等にゴミの分別として、ペットボトル等を捨てる箇所が設置されているので、現在はそれも活用しています。牛乳パック、卵のパック、肉や魚のトレー等は定期的にそこに捨てる様にしています。また、ここに捨てる時でも、ペットボトルは潰して捨てたり、牛乳パックはきちんと解体して捨てたり等色々と規定があります。定期的に家庭から出たゴミを資源として捨てているので、ちょっとだけ社会の役に立てた様な気分になります。ただ、都会等では、こうしてゴミを分別して捨てる機会に入れると、その分お金が出てくるシステムがあり、こういうのを田舎の分別でも導入してくれると、もっとゴミの分別をしっかりする人も増えエコに繋がるし、お金も入ってくるしで、一石二鳥だと思いました。

現在では、細かいゴミの分別も慣れましたが、都会はまだまだゴミの分別はしっかりしていなかったので、その感覚で田舎に行くとゴミの分別が最初は戸惑う点だと思いました。あと、早くゴミを入れるとお金が出てくる機械を導入して欲しいです。

注目情報

Copyright 2017 資源ごみ分類から始めよう・エコ運動 All Rights Reserved.