資源ごみ分類から始めよう・エコ運動

CONTENTS
資源ごみ分類から始めよう・エコ運動

地球のエコのためのゴミ分別

新潟県ではエコに力を入れているため、ゴミの分別にはとても厳しいです。4年前くらいから施行されたのですが、それぞれのゴミには指定のゴミ袋が用意されているのです。なので、燃えるゴミは黄色い袋、燃えないゴミは透明の袋に入れて出すような形になっています。では、どうしてこんなにエコが重要視されるようになったのでしょうか。その理由の1つは、ゴミを分別しないことが地球に悪影響を与えることが判明したからです。収集したゴミは各地域のゴミセンターに運ばれます。そこで、ゴミを焼却または埋め立てることで処理をします。この焼却処分をする際に有害物質が出るのです。生ゴミはそのまま燃焼されてしまうのですが、プラスチック類は環境汚染に繋がる物質を放出します。これまではこれらを一緒に行っており、有害物質の存在を無視し続けてきたのですが、現代はエコにとても関心のある世界になってしまったので、これではいけないということで地域から取り組みを変えるようになりました。

もう1つの理由は、回収業者の人が仕事をやりやすくなるということです。もし、ゴミの分別がされていなかったら、ゴミ収集業者がセンターに戻ってから分別しなければいけません。しかし、ゴミの量は計り知れません。彼らが少しでも負担を軽く仕事をするようにという気持ちが込められているのではないでしょうか。自分がその業者であることを想像すれば、ゴミの分別をおろそかにはできませんよね。

Copyright 2017 資源ごみ分類から始めよう・エコ運動 All Rights Reserved.