資源ごみ分類から始めよう・エコ運動

CONTENTS
資源ごみ分類から始めよう・エコ運動

エコのために使われる資源ごみは出し方を守る

ルールが決まっていることに関して、ルールが守られないとせっかくの行為も無駄になることがあります。ですから、きちんとルールを確認するようにします。最初からルールがわかるわけではありません。組織などが変わったときは、その組織でのルールを確認するようにします。以前までの組織では通っていたことが、別の組織では通らないことがあります。組織ごとに細かくルールが定められていることがあります。それを実践することが出来れば、組織においてもなじむことができるようになります。逆に行わないでいると、注意を受けることになりますし、きちんと対応しないように見られることがあります。何事も最初によいイメージを与えるようにします。

エコのためのルールとして、多くの市区町村においては資源ごみの回収が行われていると思います。こちらにおいては、各市区町村ごとにルールがあります。引っ越しをしたときは、当然引っ越し後の市区町村のルールに従うことになります。通常ゴミを出すとなると早朝に出すのがルールになっていますが、ある所では夜に出すのがルールのことがあります。なんと、夜に収集をされるそうです。早朝に出すと、既に収集が終っているので、そのまま置かれてしまいます。地域の人に迷惑をかけることになってしまいます。これらのことは、教えてもらえることもありますが、自分で調べることが必要になります。多くの場合、市区町村のホームページに掲載されています。

通常のゴミと違って、ただ袋に入れればよいわけではないです。ものによっては、一定の措置をする必要があります。割れ物などは非常に危険になります。新聞紙にくるんだり、テープなどでまとめるなどを行います。ある所では分類するものを、そちらでは分類しないことがあります。逆にそれまで普通ゴミとして捨てていたものを分類しなければいけなくなることがあります。透明袋の中に入っているのを指摘されることもあります。注意しなければいけません。

Copyright 2017 資源ごみ分類から始めよう・エコ運動 All Rights Reserved.